John Hunter and the Mayan Gods

今やすっかり、映画といえばスーパーヒーローとアニメばかりになってしまったが、一昔前、いや、二昔前の映画の黄金時代を支えていたのは冒険映画だった。

そして、そんな古き良き冒険映画のテイストをもったオンラインスロットが「John Hunter and the Mayan Gods」だ。

冒険家である主人公「John Hunter」となって、ジャングルの奥地に眠る、マヤ文明の秘宝を手に入れる。そんな彼のルックスも、カウボーイハット、ジャングルルックと、もはや典型的すぎるほどといるほどだ。

ちなみに、本作はシリーズものであり、前作ではアステカ文明のお宝を探しにジャングルをうろついていた。

今や珍しくなった冒険活劇を味わえるJohn Hunter and the Mayan Godsの魅力を徹底的に解説していこう。

おすすめカジノ

1
€ 200 ボーナス
30 回のキャッシュスピン
2
最高¥ 20,000まで100%の登録ボーナス
11回のフリースピン 賭け条件なし!
3
最高¥ 20,000までの100%ボーナス
11回のフリースピンを獲得して
4
ウィークリーリロードボーナス
5
$ 540 ボーナス
100 フリースピン

John Hunter and the Mayan Godsについての当サイトの批評

まずは基本的なスペックから。RTP,プレイヤーへの還元率は96.51%と、正直言って別段珍しいような数字ではない。また、危険な冒険を演出するためなのか、本作のボラティリティは高めになっており、ヒリヒリしたスリルを味わうことができるだろう。

しかし、今作の搭載された「拡張ワイルド」によって、そんな設定よりはやや遊びやすいというのが印象だ。第2,第3,第4リールに登場するワイルドは、ウィンコンビネーションの一部として使用された場合、リール上を覆うように拡張し、しばらくの間その状態が維持される。つまり、一度アタればしばらくは続けて当たる確率も高くなるということだ。他のフィーチャーも爆発力が強いので、ハマったときは結構スゴイのだ。

テーマとレイアウト

本作のテーマは冒険。リールを見て分かる通り、鬱蒼と生い茂るジャングル、純金でできたマヤ文明の秘宝、そしてジャングルルックの主人公など、アドベンチャー映画のエッセンスがこれでもかというほど詰め込まれている。

また、ビジュアル面だけでなく、BGMも滝の音が聞こえてきて、スリリングな気分にさせてくれる演出がニクイ。

レイアウトは5×3と至って平均的な、初心者から玄人までよく見慣れたレイアウトだ。しかし、ウィンラインの数は10で、他のオンラインスロットと比較するとやや少ないという印象を受ける。

スリル満点、爆発性満載の高ボラタリティスロットを探し求めているのなら、John Hunter and the Mayan Godsは間違いなくあなた好みのタイトルだろう。