10 001 Nights

千夜一夜物語、もしくはアラビアンナイト、内容は知らなくても、名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。某有名アニメ会社からも映画化されているほか、絵本にもなっているなど、日本でも意外と広く親しまれているのだ。

その歴史を辿っていくと、なんと1600年ほど前にはその原型が出来上がり、1100年前に原本が出来上がったそうだ。完全に余談なのだが、実際には282話ほどの物語しか収録されておらず、「アラジンと魔法のランプ」や「アリババと40人の盗賊」などの有名な話は、西洋人があとから付け足したものだそう。

そんな様々な歴史を感じさせる千夜一夜物語をテーマにしたスロットが「10 001 Nights」だ。その悠久の魅力を徹底解説していこう。

おすすめカジノ

1
€ 200 ボーナス
30 回のキャッシュスピン
2
$ 540 ボーナス
100 フリースピン
3
ウィークリーリロードボーナス
4
$ 900 ボーナス
90 フリースピン
5
超優良カジノといえば ラッキーカジノ

10 001 Nightsについての当サイトの批評

本作の基本的なスペックとして、RTPは95.73%とやや低め。また、ボラティリティは高いため、爆発力は期待していいだろう。

本作の特徴的なフィーチャーとして、「魔法のランプ」が存在する。魔法のランプには4つのフィーチャーが秘められており、魔法のランプ・シンボルを当てるごとに1つずつ順番にフィーチャーが開放される。第1段階の「インペリアル・スピン」では低配当のシンボルが取り除かれ、第2段階「ランダムワイルド」では、リール内のランダムなシンボルをワイルドに変える。

第3段階の「マルチピック」では、マルチプライヤーを選択することができる、最終段階の「メガワイルド」では、リールがワイルドで覆われる。魔法のランプこそ「10 001 Nights」の鍵を握っているのだ。

テーマとレイアウト

10 001 Nightsを起動したときに、真っ先に気がつくのがその美麗なビジュアルだ。ラクダ、宮殿で飼育されているトラ、立派なターバンを巻いた皇帝、踊り子などが、驚くほど繊細なイラストで描かれている。また、そのサウンドも、中東の楽器を使用して、独特な雰囲気を醸し出している。

レイアウトは5×4と、他のオンラインスロットと比較すると、横が1列ほど多いやや特殊なものとなっている。見た目こそユニークだが、遊びやすさには一切の違いがないので、安心してほしい。ウィンラインは20で、これはごくごく平均的な数値と言えるだろう。

美麗なグラフィックと豪快なフィーチャーを併せ持つ「10 001 Nights」は、ハイローラーなプレイヤーに是非オススメしたい。