日本のギャンブル規制

日本でのギャンブルは、現在検討され最も論争の的となっている問題の1つです。 2016年12月に統合型リゾート推進法が施行されて以来、日本のギャンブルの風景は大きく変化しました。日本のギャンブル規制に関しては、大きな期待を寄せる大企業がたくさんあります。

大阪と横浜は、最初のカジノを誘致するために設定された2大の都市のようです。

2022年の東京での夏季オリンピック開催は、政府関係者によるギャンブルの語り方を変えています。現在施行されている新しい法律では、カジノギャンブルが許可されています。ただし、ゲームフロアはリゾート施設全体の一部である必要があります。合法的な複合施設を構成するものは何ですか? それは、ホテル、娯楽施設、会議場で構成されている必要があります。

法律は、リゾート施設の側に小さなカジノを設立することを禁じています。これらの事業所の日本の事業者は、厳格で長い承認プロセスを経る必要があります。

活気ある市場に参入しようとする新規事業者にとって、これが、日本のギャンブルにおける大きな落とし穴となることでしょう。しかし、賭けをできる機会は着実に近づいており、市場は新しい可能性に向けて開かれてきています。

日本のギャンブル法

第23章に定められた現在の法律が制定される前、ほとんどの形態のギャンブルは禁止されていました。以前の法律は、政府による承認手続きを通ったもの以外、あらゆる形態のギャンブルを違法にしていました。いくつかの賭博会場は開かれ続けています。現在日本で許可されているギャンブルゲームには、全国宝くじ、競馬、サッカー宝くじ、ボートレース、オートバイレース、自転車レースなどがあります。ただし、これらの利用可能なギャンブル事業のそれぞれに特別な法律があります。

現在の法律の産物として別会社が作られ、この会社は政府の指示に従い、ギャンブル企業を運営しています。現在の潮流では、これら陸上に会場を持つカジノは、民間部門からの規制の影響を受けることとなります。カジノ事業者にとってそれは何を意味するのでしょうか? これは、IR実施法に該当し政府により認定されたIR事業者に、事業許可証が付与されるということです。カジノ事業者の許可証を取得するための基準は、いくつか複数の施設を運営することです。これらの施設には、コンベンションセンター、観光施設、レクリエーション施設、宿泊施設などが含まれます。

宝くじは、特に賞品が非課税であるという事実を考慮すると、日本で最も人気のあるゲームの1つです。合法であるにもかかわらず、売り上げ全体の50%未満が賞品として支払われる可能性があります。売り上げが、地方自治体、管理費、特別福祉、スタッフ、そして最終的に勝者に行き届くまでの手続きがあります。市場は活気に満ちており、全国に12万以上のパチンコゲームが広がっています。

ただし、パチンコ事業には大きなグレーゾーンがあります。事業者は勝者に賞金を支払うことを禁止されたままなのでしょうか? 勝者はどのようにして勝利後に利益を受け取ることになるのでしょうか? ここで事業者がトークンを用いた支払いを提供することとなります。利用可能なトークンは、小売ベースでさまざまな事業者を介して交換されます。

これは、ほとんどの事業者が規定を回避する手段として採用しているトリックです。ギャンブルの機会はたくさんありますが、落とし穴があります! 政府が承認した販売者を経由する必要があります。日本中央競馬会は、43の場外馬券施設に加えて、10以上の競馬場を提供しています。この規定により、電話賭博とオンライン賭博への道が開かれることにもなります。

日本のオンラインカジノ

日本のギャンブラーは、国内で運営されているオンラインカジノにアクセスできます。さらに、日本の法律および規制は、外国で登録されたオンラインカジノを制限していません。日本のプレーヤーは、VisaやMastercardなどの一般的な支払い方法を使用して、他のオンラインカジノで入金および出金を行うことができます。日本のオンラインプレーヤーは、50を超えるオンラインカジノにアクセスしてお金を賭けることができます。最良の点は、これらサイトのいくつかが利便性向上のため、日本語で提供されていることです。

スロット、ブラックジャック、ビデオポーカー、クラップス、バカラ、スリーカードポーカー、スタッドポーカーなど、新しいプレーヤーが利用できる人気のテーブルゲームがあります。将来的には、日本のギャンブル環境はそれほど制限されなくなります。議会は、ギャンブルを取り巻く現在の環境と違法とされる点が多いことを変えるため、2015年に法律を可決しました。

新しい規制により、人気のあるゲームを備えた陸上で事業を展開するカジノの設立が可能になります。現在のところ、オンラインカジノで運試しをしたいのであれば、特に日本市場をターゲットにしたオンラインカジノがいくつかあります。ほとんどのオンラインカジノが市場に参入しているため、より良いオッズとボーナスを選択できます。

日本のギャンブルについて知っておくべき重要なこと

伝統的なギャンブル法は、日本でのいかなる形態のギャンブルも禁止しています。国内には陸上で事業を展開するカジノはありません。現在、日本には陸上で事業を展開するカジノはありませんが、新しいプレーヤーが利用できる賭けサイトが全国にいくつかあります。

パチンコ店舗は、全国に広がるこれらのギャンブルゲームにアクセスするための新しい潮流になりつつあります。パチンコは、日本で最も人気のある、運に左右されるゲームとして今でも人気があります。 パチンコの人気は、現在12万を超える店舗が現在あることからも明確です。勝利は、敷地から離れて入金されるトークンのかたちをとることに注意が重要です。

プレイヤーとして、あなたは許可を受けた様々なコンビニエンスストアで宝くじチケットを買うことができます。さらに、駅周辺で購入できる販売店が多々あります。宝くじの販売ができるATMがいくつかあります。プレーヤーがJリーグのサッカー賭博からチケット購入できる専用のブースがあります。海外の賭博を試してみたい場合は、ジャパンレーシングイベントからチケットを購入できます。

まとめ

日本でのギャンブルに関しては、希望を持つことができる状況が現在あります。いくつかの新しいカジノリゾートは、大阪と横浜にやって来る可能性があります。特に東京で開催される夏季オリンピックでは、論争が高まっています。

伝統的なギャンブルの規制にもかかわらず、成長する市場のため、政府が承認した賭博の機会がまだ現在でもあります。あなたが熱心なギャンブラーならば、日本中央競馬会の競馬で運試しできますし、Totoサッカー、ボート、オートバイ、自転車レースで運試しもできます。

日本のギャンブルコミュニティは、パンチンコに大きく依存しています。ただし、トークンでの支払いを回避するための新しい代替手段が必要です。現在の法律は、施設内での現金を介した賭けを制限しています。同じことが麻雀のような高額の賭けゲームにも当てはまります。日本中には多くの麻雀店がありますが、現金での賞金は提供していません。

オンラインギャンブルは禁止リストに入ったままですが、オンラインギャンブル行為を起訴し懲罰を課すような正式な法律も存在しません。オンラインギャンブルは、日本でオンラインギャンブラーに活気のある市場を提供することになります。