マカオでのギャンブル

マカオにはギャンブルに関する特別な法律的意味はありません。ただし、マカオギャンブル法(法16/2001)によると、プレーヤーの勝ち負けが機会の影響によってのみ決まる、機会ゲームは特に禁止されています。

パリミューチュエル方式のゲームに参加されると、動物レースまたはスポーツトーナメントに賭けることなります。そこで、全ての参加者の(手数料や税金を除いた)貯められた賞金は、その大半の賞金を獲得する人々の間で均等に分けられることとなります。公的な賭けの運営は「カジノ」と呼ばれることが多く、そこでは勝利は機会のみによることとなります(例えば、宝くじ、抽選、くじ引き)。

強迫的オンラインゲーミング

これらのゲームは、機会と戦略の要素を組み合わせたもので、下記の条件をみたします:

スキルを必要とするゲーム、つまりスキルゲームはマカオのカジノで見受けられます。

関連する法律によると、賞金は現金または物品により支払われる必要があります。

プレーヤーがゲームに参加するとき、テレコミュニケーションを使い、サーバー(電話、ファックス、インターネット、データネットワーク、ビデオまたはデジタルデータ通信を含む)に登録を行います。

参加希望者がゲームに参加する又は参加を選択する方法の1つは、現金の提供または何か他の有形での資金援助によります。

陸に拠点を置くゲーミング

陸に拠点を置くカジノを統治する州法や国レベルの法はありません。この意味で使用されている「陸に拠点を置く」とは、機会のゲーム(テーブルゲームまたはゲーミングマシーン)を提供する商業施設に当てはまるものです。また、政府当局がこれまで承認してきた、他の種類の合法的ギャンブル(制限付きで運営許可されたもの)にも当てはまります。

ギャンブル製品

賭け

マカオでは競馬への賭けは許可されています。営業許可を一旦獲得すると、運営は許可された特定のエージェンシーによってのみ行われます。また、マカオ州知事から提供された数多くの執行命令や営業権契約を通じて、運営が行われることとなります。この運営を従来通り行うことは、マカオ乗馬クラブにのみ許可されていました。この営業権は、2018年まで延長され、22世紀8月まで継続します。2018年7月20日まで、グレイハウンドレース業界は合法でした。営業権保有者との交渉にもかかわらず、マカオ(政府)は、新しい営業権については更新しないこととしました。

スポーツ賭け

マカオでは、より多くのスポーツゲームが提供されています。例えばサッカーやバスケットボールゲームです。マカオのSocietal Bay 複合施設では、単一の賭け者(裕福又は高額を賭けるギャンブラー)を対象としています(SLOT)。SLOTの5年延長期間が、2016年に調印されました。SLOTは電話やウェブサイトを通じての賭けを受付けます。

カジノゲーム

ギャンブルゲームは、機会ゲームの分類に入ります。結果が予測不可能であれば、そのゲームは機会のゲームと呼ばれます。ギャンブルは賭け施設でのみ開催され、それはゲーミング法による指定を受けているか、マカオ政府により認定されています。

マシーンゲーミングとスロット

現在、アメリカ合衆国では小売店でスロットやゲームマシーンを見つけることができます。プログラムされたゲーム用コンピューターは、機械でもあります(他の全ての無数の必要部分と同時に、関連するアプリケーション、メモリーコンパートメント、ランダムな数字生成、他のゲームプログラムを含みます)。

電気、電子又は機械的手法

機会のゲームを行うために特別に設計されたもので、賞金は賭けの結果として提供されます。

ギャンブルや電子ゲームを含む施設は、カジノ内部でのみ運営が許可されており、場所はカジノ営業権を付与されています。ゲームマシーンの特別使用許可による営業は、マカオ国際空港にて、マカオで登録した船舶、ヨット、国際船を対象に許可されています。ゲーム施設で使用されるコンピューターゲームもビデオゲームもどちらもDICの許可を得る必要があります。運営会社は、マカオ政府が全コンピューターゲーム機械やモバイルゲーム向けに制定した技術的条件や基準を満たす必要があります。DICは現在のところ、従来承認されてきた製造者と取引相手のみを、マカオでのゲームマシーン供給/配布者として承認しています。

端末系ゲーム

パリミューチュエル式システムで運営するためには、DICJ(SLOTと他のマシーンゲーミング)により認定されなければなりません。自動化されたゲームはカジノで販売できますが、この機関ではゲームの完全な自動化は禁止しています。

マカオカジノの収益

現代カジノのお陰で、住民は恩恵を受けています。最も大切なことは、多くの旅行者と訪問者が多額の所得税を支払ったことにより、マカオ経済は大きく成長しました。

マカオでのギャンブルは毎年増加している中、カジノ業界から得られる税総額は、習近平国家主席が反汚職の施策を実行した2014年に限界を迎えました。

中国はマカオのVIPギャンブル部屋が経済全体を引き上げている主要因だと考えている人が沢山います。高額の賭けをする者は、多額のドルを持ち帰ることを楽しみにしているはずです。ただし、中国の観光業界が所有するカジノは、現金による預金で最初に利益を得ます。非常に影響力のあるプレーヤーは、中国のカジノで高額を制限として設定しプレイしていることも見受けられます。また、法執行者などによりプレイされていることも見受けられます。なぜなら、彼らの資金の大半が、中国本土の汚職行為によりもたらされているためです。

マカオの経験

ゲーミング部屋の約50万平方フィートは、ベネチア風景を残すマカオで行われる中国の大晦日のために使われます。また、それは世界で最大規模のカジノでもあります。マカオで第2番目に大きなカジノは、床面積120,000フィート幅を有しています。これは、ベネチアの影響を受けたマカオの華々しい成果です。ゴンドラや家のタイルは多様ですが、マカオのベネチア風の風景はラスベガスの特性の真似をしています。訪問者は、St. Mark’s Squareで好きなだけの興を自由に楽しむことができます。

伝統的規範を重んじるマカオは、西欧の規範に迎合するかわりに名声を構築するため、従来のマーケティング手法に頼ることを好みます。風水の専門家を呼び、もっと快適な飲料を好むアスリートのために最適のインターフェースを設計します。選択するゲームは、ブラックジャックやルーレットではありません。最適なものはScruggsです。マカオではバカラが人気です。2008年の報告によると、バカラは、マカオにある全カジノ売り上げの85%を占めていました。

マカオでのギャンブルの素晴らしさ

マカオとラスベガスの大きな差は、そこに住んでいる人々です。ギャンブルでプレーヤーは相手側を見透かそうとするものですが、ラスベガスでは覗き見が横行しています。テーブルを崩す音は、どこでも聞こえてしまうものですが、マカオでのギャンブルでは音楽よりもテーブルがぶつかり合う大きな音により、ゲームが停止してしまうことの方が多いと言えます。これは、弱々しい精神の持ち主には向いていません。

我々の社会は投資にさらされており、これは我々がなぜギャンブルをするのかという説明に繋がっていきます。西欧では非常に多くの人々がギャンブルを単なる趣味として捉えていますが、中国でそれは金銭的な賭けという捉え方になります。人々は、利益幅をさらに増やすためより大きな危険に身をさらすことになります。多額の儲けと繁栄の真只中にいる以上、これは非常に当たり前のことです。

中国の人々も、ギャンブルで幸運を獲得すれば良いことが起こると考えます。この考え方を結果の操作をするものだという想定と組み合わせ、これを操ることにより、集合的同意が形成されることになります。大抵の人々は数ドルの賭けをするだけですが、VIP空間で起こる出来事に注目すべきです。ペントハウスのスイートルームは、カジノでのギャンブルの引き換えとしてプレミアム顧客に与えられ、例えばジェット機によるサービスやVIP待遇も引き換えとして提供されることになります。

まとめ

マカオの拡張は、最も血なまぐさい部分を併せ持つ国際的な企業により管理されたカジノと共に、中国のグローバル化が進むことにより可能となりました。最近10年間の間に中国本土からも外国からも何百万もの人々が驚くほど美しい場所であるマカオを訪れ、一攫千金を得ようと試みました。言うまでもない事でしょうが、ここでの投資額は非常に高額なものです。