ココモ法

Kokomoギャンブルメソッド

ギャンブルにおける戦略、例えば下記に示すMartingaleメソッドやKokomoメソッドは、ギャンブラーの勝利戦略を向上させるため、また最終的に賭けでお金を儲けるために採られる戦略です。これまでに多くのギャンブル戦略やメソッドが作られましたが、そのうちの大部分が結局のところギャンブラーにとって使いやすいものではなかったため、ほんの限られた戦略やメソッドのみが人気を得るようになりました。賭けの戦略、システムやメソッドがいつも公開されているとは限らないもう一つの理由は、ある戦略で運よく勝利したギャンブラーは、その戦略を自分だけのものとするからです。「戦略」の定義と「システム」の定義を巡って、ギャンブラーの間で一般的に混乱も起きています。ギャンブルについて考慮した場合、「戦略」の定義は、賭け又はギャンブルへの一般的アプローチ方法についてです。例えば、ゲームの結果と賭けの結果に影響を与える全要因を考慮する場合、それは戦略とされます。一方、システムは、決められたルール一式のことを指します。

Kokomo戦略

Kokomo賭け戦略は数学的に証明された戦略です。一般的に、それは賭けシステムでプロのギャンブラーによって使用され、時間をかけて利益を獲得したい人向けです。Kokomo戦略を分かり易く一文で説明すると:「ギャンブラーが負けを取り戻そうとし、潜在的な一つの勝利を求める戦略メソッドです。」Kokomo戦略は、負けた際に賭け金を倍にするMartingaleメソッドを取り入れています。それにより、一旦勝利すると全ての負けを挽回することができます。賭けの戦略やシステムを考える場合、1つのことを入念に明確にする必要があります: カジノでギャンブラーに勝利を保証するシステムはありません。カジノゲームの性質はカジノが負けることは決してなく、古いことわざ「結局カジノが儲かる仕組みになっている」というのは真実です。カジノゲームは運のゲームなので、勝ち目は常にカジノに有利なように設定されており、ランダムな数字生成が使用されるので、その結果は常に予測不可能です。

Kokomo戦略の使用方法

4つの基本的ステップがあり、次の流れを使ってKokomo賭けメソッドを説明することができます: ステップ1: 最初のラウンド又はゲームで単一ユニットの賭けをして下さい。ステップ2: 第2ラウンド又はゲームでもう一つの単一ユニットの賭けをして下さい。ステップ3: 第3ラウンド又はゲーム以降は、もしプレーヤーが負けた場合、前2回の賭け金合計額が賭けられることになります。ステップ4:この流れを勝利するまで継続します。実際の例でみてみましょう: ギャンブラーがヨーロッパルーレットのゲームをしていて、ルーレットテーブルで「コラム・ベット」で賭けをすることにしたとしましょう。ステップ1: ルーレットラウンドで1,000円を賭けて負けます。ステップ2: 第2ラウンドのルーレットでまた1,000円を賭けて負けます。ステップ3: 第三ラウンドでは、プレーヤーは2,000円を賭けます。勝った場合、プレーヤーは6,000円を手にします。このようにして、前2回ラウンドで失ったものが帳消しになります。ステップ4: この流れを勝つまで続けます。

Kokomo戦略は本当に機能するのか?

Kokomoメソッドの主要な強みは、リターンが3倍になるゲームにおいて発揮されます。例として、ヨーロッパルーレットという人気の高いカジノテーブルゲームで見てみましょう。このゲームは、「コラム・ベット」と「ダズン・ベット」のやり方で賭けをするという特徴があります。これら両方のやり方は、3:1の比率のペイアウト率を可能にします。このようなケースの場合、Kokomoメソッドを利用するのが理想的です。もう一つの利点は、Kokomoメソッドにより、ギャンブラーは1回の勝利で利益を得ることができる点です。ただし、この賭け戦略は、ペイアウト率が賭けの2倍つまり2:1のペイアウト率に設定されている場合、期待したようには機能しません。例として、バカラやブラックジャック又はルーレットといったゲームでの赤または黒や奇数又は偶数の賭けがこれに当ります。もう一つの不利な点は、ギャンブラーは単一の勝利をする前に、資金を使い果たしてしまうかもしれない点です。3倍のペイアウトゲームにより、ギャンブラーは立て続けに5ゲーム負ける可能性が10%出てきます。3つ目の不利な点は、ギャンブラーは、カジノテーブルゲームのテーブル制限のため、最大賭け金額に到達してしまうかもしれない点です。例えば、もし制限が10,000円に設定されている場合(最初の賭けは100円から開始)、この制限は11回続けて負けた場合に到達してしまうことになります。

Kokomoメソッドのまとめ

Kokomo賭けメソッドの結論は、賭けにおいてこのメソッドを使うことのプラス面もマイナス面も両方あるということです。プラス面としては、このメソッドは、3:1ペイアウト率をカジノゲームが設定している場合に上手く機能します。つまり、勝った場合に、賭けられた全てのユニットのうち、3ユニットが戻ってくるということです。したがって、Kokomoメソッドを採用すると、プレーヤーは勝利の結果として、負けを取り戻し儲けも獲得できる可能性が生まれます。Kokomoシステムのマイナス面は、賭けの2倍つまり2:1の勝率の場合、上手く機能しません。プレーヤーが勝つ前に資金を使い果たすかもしれないという不利な点もあります。或いは、負けが長く続くと、テーブル制限に到達してしまう可能性もあります。Kokomoシステムを使うことを検討しているギャンブラーの方々に繰り返して強調させて頂くことは、長い目でみてギャンブラーに勝利を保証するような賭けシステムはないということです。負けを帳消しにすることができるかもしれませんが、結局のところ、「勝ち目は常にカジノに有利なように設定されている!」ということです。